採用の際に最も重視すべきは「成長性」

・多くの人からの客観的な視点を採用評価に組み込む仕組み作りが必要である。

・採用の際に最も重視すべきは「成長性」であり、自社が譲れないものとのフィットを見定める必要がある

・リーダーとなれば、自分の仕事の効率化や質の向上だけを考えるだけでは駄目、部下の能力はそれを導くリーダーの「意味」の与え方によって変わる。

・部下を適切に評価し、評価に見合った処遇をすることは、従業員のモチベーションを維持、向上させるために極めて重要な要素である。

・ビジョンを共有し、必要な要件を満たす人材を入れるように、採用時の基準を持ち、守ることが必要である。


  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
​株式会社エイト/東京都渋谷区 /  福岡

© 2018 Eight inc.