CEO Message

人手不足が問題では無くミスマッチが問題なのである。

 

景気の回復や団塊世代の退職、労働市場の変化などに伴い、ここ数年、あらゆる企業が人手不足に陥っており、日本の労働市場では、需要と供給のバランスがとれているにもかかわらず、求職者側と求人側の意向等が一致しないことから失業者が発生するなどの「雇用のミスマッチ」という状況が拡大しており、2030年には170万人不足するとの結果が得られています。つまり、中長期的な日本の労働需給を展望すると、本質的な課題は、人手不足ではなく、人材のミスマッチにあると考えられます。


ミスマッチの生じる理由としては、大きく、職業能力の不一致、情報の不完全性、労働者や企業の選好の三つが考えられますが、この能力需給の不一致とは、企業が必要とする能力と求職者の持つ能力とが一致していないという事で、必要とされる人材が、企業に適切に分配されていないというミスマッチが複数の労働市場間で起こっており、この対策と問題を解消すべくプラットフォームビジネスを展開しこの社会問題に取り組んでいきたいと思っております。

人生は「捉え方」次第!

 

「変えられないのは過去と他人、変えられるのは未来と自分」そして多くの人は「それはそうだろうな」と考えます。ただ「どう変えたら良いのか」はなかなか分からない。まず「変える」と言うことが良く理解出来ない。確かに過去は変えられない。そして過去から被った影響も変えられない。
しかし過去と言う事実の解釈は変えられる。そして「未来は変えられる」

そのことの意味は、実は「過去と言う事実の解釈を変える」と言うことでもあります。

自分の過去を否定し続けていた人が、思い切って過去を受け入れれば人生に劇的な変化が起きます。

過去に学んだ経験や知識に捉われていたら、その経験が無駄になると考え、新しい仕事やチャレンジは出来ないでしょう。私はITに出会い、過去に捉われずに一歩を踏み出せた事で人生が変わりました。一人で自宅の表札の下に会社名を張っただけの何も無い会社。そこには不安と夢しかありませんでしたが、ITの可能性、未来を信じてやりたい事が叶った素晴らしい瞬間でもありました。

まず、大切なのは「情熱」「探求心」「俯瞰的思考」であり、最初のスタートはまず行動する事。私達の人生の未来に影響するのは、過去の人生と言う事実ではなく、過去の解釈であり、変えられない過去を正しく分析し、未来に対して正しい態度を取る。これが決定的に重要であると考えます。

会社をイチから立ち上げ10年後に生き残る企業は6%とも言われてますが、変化の激しいこの知識産業社会で生き抜くためにテクノロジー×イノベーションにより場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現し、夢や希望を持った人々で潤う社会を実現する事で

「一人ひとりが輝ける社会」を創り出したい。


そんな想いを描いています。

代表取締役 社長

​森田 晋也

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
​株式会社エイト/東京都渋谷区 / 大阪 /  福岡

© 2018 Eight inc.